2011年2月26日 (土)

El Salvador

El_sal2

ご無沙汰です。

まだ生きてます。

さて、年始から中米巡ってましたが、今回初のエルサルバドルに行く機会があったので、サーフトリップ絡めてみました。

知る人ぞ知る。いや。結構みんな知っているけど遠くて来る機会がないと思われる、かの地エルサルバドール。内戦で出回った銃がいたるところに残る、危険な国。でも、360日/年サーフィンが出来るといわれる、南太平洋の波の宝庫。そして、超ロングライトなライド。

僕の住む東海岸からだと、6時間弱のフライト。でも今までちょっと怖くて行けておらず。

で、今回行ってきました。

今までたいしたサーフトリップしてませんが。。。。。。ここ、ぶっちぎりでナンバーワンですね。

とにかくプリミティブ。昔のバリってこんな感じ?

とにかくメシが上手い。海鮮宝庫です。

とにかく安い。今回時間なかったのでジャパンマネーで時間を買いましたが、それでも安。

とにかく人が良い。中国人と間違えられるけど。みんな優しい。

とにかく波がすげー!もうこれは他のサイトに譲りますが。。。僕、足つりました。

ネガティブサイドは、、、、ポイントまで結構遠くて、メインで入ったZunsalは10分くらいパドル必要なことくらいですか。

とにかく。日本の皆さん。円が高いうちに直ぐに来て下さい。僕も駆けつけます。とにかく中米トラベラーの僕が驚くメシの旨さ。垂涎のイージーウェーブが待ってます。あと、俺も当然待ってます。

El_salvador_3

| | コメント (3)

2010年10月25日 (月)

そういえば

二世が生まれてまして、健やかに育っております。

バカ親とか親バカとか言われそうですが、わが子公開します。

P1050601_2

P1050533

来月連れて帰ります。

| | コメント (3)

2010年10月 4日 (月)

マグロ

ヒサビサですが、マグロ喰らいました。
友達が一本釣りした物で、日本人である事に改めてシアワセを感じました。
丁度来米中の母が捌いてくれました。

これからはイカのシーズンらしいです。日本の秋、アメリカで再現します。
あー。ちょっと帰りたいかも。

Maguro

| | コメント (3)

2010年3月 3日 (水)

世界の車窓から

そんな番組があって、日本にいた頃はこれを見るたんびに、

ほのぼのとした気分になったものです。

テレビも面白くないので、なんとなく思い出した「世界の車窓から」。

検索したらたくさんあって、大喜びで見てみたら、

うーん、手振れだらけ。

歌手検索したら、素人が歌ってる動画に当たっちゃったときより、

さらにショックでした。

これが本物。

| | コメント (0)

2010年2月17日 (水)

3 intensive rounds in 32 hours in Puerto Rico

ひょんな事からプエルトリコに帰りました。
東海岸のハワイ
大西洋のバリ
Tropical Island Puerto Rico

今回は日曜日の早朝3時入り、月曜日の朝1130の便でNYへとんぼ返り。
でも、びっちし3ラウンドこなしてきました。
Surfers Beach
Domes Beach x2

初日のSurfersがセットダブル
2日目のDomesが頭半くらい。ヒットアンドランでバッチリ美味しいところ
当て来たと言っていいと思います。

温い海水温
完璧なリーフ
理想的なスウェル
快晴無風
Surflineで特集されるくらいのコンディションで、個人的に32時間の為に
1200ドルくらい使ったけど、、元取れたと思います。

Img_0037_2

初日のSurfers Beach。殆どパーフェクトなライト。人がまだ入ってないので
サイズが分かり難いけど、結構でかい。

P2150022

若干サイズの落ちた2日目@Domes

P2150037


P2150034

P2150036

サイズが落ちたとはいえ、まだ頭今日ある波。
フライトまでの2時間弱、しっかり元取りました。

P2150101

上から見たPuerto Ricoのブレイク。

今回は同僚の強烈なプッシュにより実現した強行トリップ。
誘ってもらって感謝しきれませんです。

後一回くらいこの冬行けるかなぁー。
行きたいなー。

| | コメント (1)

2010年2月 8日 (月)

BelmarでSurfing。限界に挑戦。

今朝はマイナス10度まで冷え込み、今年初めてハドソン川に氷が
張るのを確認しました。対岸に少しずつ張り出し始めた。
一年ちょっと前のハドソン川の奇跡を思い出す、寒い一日の始まりでした。

P1000441


とはいえここ東海岸には数週間ぶりに波があるんです。
話のネタにとりあえず行っとくかと。

P1000455

寒いしカッポレ波だし。ドライスーツはうごきずれーし。

3本ばかし乗ったら全身凍り付いたみたいに動けなくなって

さっさと退散しました。

雪景色が良かったからまぁまぁ満足な日曜日。


| | コメント (3)

2010年2月 7日 (日)

旅の途中

旅の途中の人がNYに来てくれました。

P1000336

ちょっと寒いけど、ブルックリンブリッジを渡って暖まりました。

P1000411

かなり寒いけど、ロックフェラーセンターの展望台に上がりました。
北がわのセントラルパークを望みます。

P1000415

雨の中セントラルパークも散歩しました。

P1000434

最後にBirdlandでジャズを聴いて、深夜JFKからPeruに旅立ちました。

 

期間中バカみたいに寒くならず良かったです。
ペルーではいろいろあったみたいだけど、無事でしょうか?

| | コメント (2)

2010年2月 2日 (火)

swiss

そういえばきょねんのスイス写真をアルバムにしたのでした。

http://yokohachi.cocolog-nifty.com/photos/swiss/index.html

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

波はないし寒いし風邪ひくしやる気ないし

今年は元日サーフに成功し、腰腹のファンウェーブで2010年の

幕開けを飾ったのでした。

そう、三週間くらい前。

それから一切波ありません。

Surflineの予報でも、poorですらなくflatが連日並んでいます。

しかも今年は結構寒い。

ということで活字生活にどっぷりです。

活字には、MTBのカタログとか、ぜんぜん買う必要のない、

買う意味のないGentemのカタログとか、そういうのも含まれます。

それにしても早く日本に帰って山シーズン終わって一息ついて
ネクストシーズンのGentemを予約するっていう生活に戻りたい。

後輩が日本に帰り、

嫁さんも時を同じくして日本に帰り、

幸運にも二人も日本の本を日本のお金で買える人がいたので、

無理を承知で本買ってきてもらった。

螻蛄(けら) / 黒川 博行
ザ ストレイン / ギレルモ・デル・トロ
Another / 綾辻 行人
小太郎の左腕 / 和田 竜
新参者 / 東野圭吾
犬なら普通のこと / 矢作俊彦 + 司城志郎
暴雪圏 / 佐々木譲
龍神の雨 / 道尾秀介
同期 / 今野敏
犬の力 上下 / ドンウィンズロウ
ミレニアム1 上下 / スティーグラーソン
ミレニアム2 上下
ミレニアム3 上下
ダブルジョーカー / 柳広司
バッドモンキーズ / マットラフ

あるジャンルの活字好きな方なら一発でお分かりですが、

『このミス』で上位ランクしたやつばっかですね。

新刊は往々にしてハードカバーで、つまりは高くて。。

ということではずれのないものを買いたくなるんですね。

最近の円高で、日本の本、しかもハードカバーはこっちでは高い

のです。むちゃくちゃ。

タバコをやめた今、一番の金食い虫は日本の本、といって過言では

ないのです。

人の評価に頼りまくりとはいえ、この中にも自分の経験や完成を頼り

にした本が3冊。 螻蛄(けら)、小太郎の左腕とザ ストレインですね。

けらは僕の好きなTop5に入るシリーズ物で、『疫病神』や『国境』と

いった、絶対に読んで後悔しないシリーズの最新版。今回買った

20冊あまりの本のオオトリを締めくくるにふさわしい本で、

もちろんまだ読んでません。

小太郎の左腕も前作『のぼうの城』がかなり面白かったので、かなり

楽しみです。

もう一個完全にインスピレーションで買った 「The STRAIN」は、

読み進むうちに風邪をひいてしまうくらいつまらなかった。

勝手に良質の本格医療モノ、パンデミックモノを期待しちゃった

自分が悪いんだと思いますが。はじめからこういうもんだと思えば、、、

まぁそれでもきついかな。。。

ということで、読んだ本の感想などはまた次回したいと思います。

あ、暴雪圏は最高に面白かったです。さすが。

| | コメント (2)

2009年12月28日 (月)

最近のわかもの

最近の若者、とかって自分が言われていたのはいつの時代?

僕自身が「最近の若者って」、そういう言葉を発し始めたのはいつ?

つい最近です。この半年くらい?

日本から出向者、つまり僕と同じ立場のサラリーマンがうちの会社に
派遣されてくる。オフショア買収企業で、出向者仲間が増えるだけで
ちょっと嬉しかったあの春の日。

俺の嬉しい気持ちと期待する気持ちを返して欲しいわ。

相手を気遣うとか、

人を待たせない、とか、

1頼まれたら付加価値つけて必ず2やるとか、

間違ってもいいから最後までやり遂げるとか、

恥ずかしがらずに何度でも聞くとか、

間違ったらせめてこっちが唸るぐらいのイイワケ用意するとか、

それは俺がやります、とか、

それは俺のせいです、すみません、とか、

そういうことは期待しちゃいけないんですかね、最近の若者にわ。

ようは、やるときはやってくれ、と。他は抜いてもいいから。

ようは、限りある貴様の時間を大切に使え。
もっというと、もっと限りある他人(俺様)の時間を大切に使え、と。

ようはすみからすみまで頭と気を使え、と。

反省の弁は涙浮かべて述べたりする。
あほか、と。

そういう呆けた若者が多いと感じるのは、

僕の世界が狭いからか?

それとも世界が、日本がそうだからか?

恥ずかしいという気質が、足りないんだと思います。

自分がやる、っていう気概が無いんだと思います。

つまりは想像力が欠けてるんだと思います。

こういうヤツラは何で自分が落ちこぼれるのか分からないまま、
言い訳だけして生きて行くのでしょう。

カツモクせよ!

と言いたい。

まぁ人格が可愛いとそれでも許してしまう自分がいるのですが。

| | コメント (4)

«Puerto Rico Surf Trip - Surfer's Beach -